正社員になって良かったこと悪かったことは?

MENU

正社員になって良かったこと悪かったことは?

実際にフリーターから正社員になった方の声をききたいのではないでしょうか。
そこでフリーターから正社員になった方の良かったところ悪かったところを調査したので見て見てください。

 

男性
良かったことは、毎月一定の給与がもらえることです。フリーター時代は勤務時間に応じた給与でしたので、祝日が多い月は平均して7,000円ほど少ない月がありました。また、周囲の反応も良く、正規社員というだけでモテるようになりました。

 

悪かったことは、どんなに気のすすまない業務でも我慢して実行しないといけないことと、上司の命令次第で、残業時間が増えてしまうことです。帰宅時間がまちまちです。

 

女性
正社員になって良かった事は、社会保険がついた事です。

 

悪かった事は、正社員になっても時給がアルバイトと一緒だった事。
ただ仕事量が増え、尚且つ正社員は誰も時給が上がっていないという事実にモチベーションがだだ下がりました。

 

女性
まず固定給であること、社会保険があることが良かったです。フリーターの時は国民年金は自分で支払い、健康保険は親の扶養でしたので社会保険があることは親に迷惑をかけずに済むという嬉しさがありました。そして毎月固定給があることで安心感が得られました。

 

男性
正規の社員になって良かったことは、やはり冠婚葬祭や酷い体調不良での休暇を取っても固定給もしくは有給休暇を使うことで給与の変動がないことと、ボーナスなども多少もらえることです。

 

悪かったことは、これは自覚の問題なので人それぞれですが仕事に対する責任の重さがやはり違うことです。

 

女性
やはりきちんと正規の社員になれたことで、給料が安定したことが、一番良かったです。
独り暮らしでしたので、やはり生活を安定させることは必須でした。
そしてやはり仕事の遣り甲斐があるので、仕事のスキルを上げるために努力するようになったことも良かったと思います。

 

女性
やはりお金が固定給でもらえるので、フリーターとは違い心に余裕が出来たことや、社会人として堂々と生活でき、自分に自信が持てるようになりました。
その分責任感も多い仕事なので、ストレスを抱えることもありますが毎日明るく生きることができています。

 

男性
ちゃんと保険に入ることが出来たのがよかったです。病院にもちゃんと行けるようになりましたし、毎月の給料の他に年2回の賞与もあるし、住宅手当が出たのも助かりました。
ちゃんと給料をもらえると、仕事に対しても意欲的に取り組むようになりました。

 

男性
良いところはもちろん安定です。休みもしっかり取れますし就業時間に関してもきちんとしてます。保険等に関しても心配なくなりましたし、一番は給料の額が安定しています。

 

悪い点はとくに思いあたりません。平日に休みたかったら有給を使わなければいけないところでしょうか。

 

女性
社会保険、厚生年金、福利厚生などの保証があることが、やはり一番良かったことだと思います。それと、安定した収入が得られることと、ボーナスを貰えるようになったことも良かったことだと思います。

 

悪かったことは、収入が増えてしまったので、住民税などの税金が上がってしまったことです。

 

女性
きちんとしたお金が入るのと、頑張った分のボーナスが貰えることは1番やる気になりました。フリーター時代と同じ勤務時間でも正社員の方が多く貰えるので、今までが損した気分になりました。きちんと雇用されていることも安心して働けるようになりました。

 

女性
やはり一番は安定していることです。自分はもちろん世間的にも信用は大きくいろいろな審査に通りやすかったりといいことばかりです。

 

悪かったことはサービス残業が当たり前ですし、ほかのバイトやパートさんがこれなければ正社員の自分が変わるという点です。

 

女性
まずは気持ちの面で、将来に対する漠然とした不安がきえたことと、両親や兄弟も安心したようで、良かったことの1つです。
あとは、給料が増えたことが一番良かったです。
自由になる時間が減ったことは残念ですが、仕方ないと思っています。

 

女性
安定性。毎月固定で給与がもらえる安心感。
仕事を休んでも有給などもあることが本当にありがたかったです。
また国民健康保険や国民年金などの保険を自分で手続き・支払いせずに給与から天引きしてくれる手続きも会社がやってくれるのが楽でした。

 

女性
フリーターの時は、土日もや深夜も働いていて生活が不規則でしたが、正社員になってから規則正しい生活をできるようになったのは良かったです。
正社員になってから、半年は有給休暇もなかったので、平日に休むことができずフリーター時代の友人となかなか会えなくなったことは残念に思います。

 

男性
良かったことは、健康保険料が会社と折半になり負担が減ったことで、経済的にゆとりが出たことです。悪かったことは、正社員となって副業が禁止されてしまい、会社に拘束される時間が大幅に増え、時間的ゆとりが減ってしまったことです。

 

女性
フリーターのころは1週間ほぼ毎日仕事に朝から夜遅くまででていて、ひどい時は14日連続とかでアルバイトをしていて、昼間だけの時もあれば夜だけの時とか両方のときとかもあって生活習慣が悪くなって体調が悪くなったのが、今では毎日決まった時間で決まった日にちがやすみなので生活習慣もよくなり体調もよく、自分の時間も多くあります。

 

悪いところはやはりフリーターのころほどの毎日の充実感やあの時ほどのお給料はもらえてません。

 

女性
安心感が違いました。自分は雇用保険も社会保険も厚生年金にも加入している、という事実は、これまでのフリーター人生では全く感じられなかった安心感でした。これまで自分で手続きをして払ってきた保険料や年金が自動で給料から引かれていくので、煩わしさもなくなりました。
また、両親や親戚にも堂々と自分の仕事の話を出来るようになりました。

 

男性
悪かったことは本当に何一つありませんでした。後ろめたさもなければ周りはみんな喜んでくれたし両親も安心してくれました。収入もあがり安定して仕事も充実していて余裕が心に生まれた気がします。好きなときに休んでいたフリーターよりも、休みが有意義に過ごせた気がします。

 

男性
アルバイトと正社員では、当然ながら立場が異なるので、アルバイト時代と同じ作業だとしても、そこに正社員としての責任が付いてきます(アルバイトに責任がないとは言いませんが)。したがってアルバイト時代よりも、仕事に対して充実感が生まれる事が、良かったと思えるところです。そして、忘れてはいけないのが賞与です。自分が勤めていた会社は賞与に対しての査定がありましたから、個人の業績や成果は賞与で反映されていたので、その点も良かったと思います。

 

女性
良かったのは安定した収入が得られたことと周りからちゃんと仕事してるとおもわれるようになった。

 

悪かったことは扶養から外れたことで税金がかかることと責任が重くなり具合が悪くても余程じゃない限り急には休めなくなったこと。

 

男性
まず給与面ですが、フリーターは体調など崩し休むと毎月の手取りが下がりますが、正社員は最低ラインは保証されている点が大きな違いだと感じました。また、周囲の目も変わり頑張ってるねと言われることが増えました。

 

悪かったところは、責任という言葉が重くのしかかる分、業務一つ一つに細心の注意を図るのでストレスが大きくかかることです。疲労の蓄積や、明日仕事に行きたくないなと思うことが多くなりました。

 

女性
良かったことは、社会の一員として胸を張って生活できる事、賞与があること、固定給で安定していること、社会保険に入れることです。悪かったことは、給料を時給計算してみると、アルバイト雇用の時の給料の方が高いことです。

 

女性
数カ月ごとの契約更新を気にすることなく、将来への安心感を得られた。また、勤務時間に関係なく毎月決まった給与が保証されており、生活が安定した。
悪かった点としては、繁忙期に休日出勤したり、労働環境が悪化した。

 

男性
・良かったこと
身分が保証されることです。
信用が違いますので、引っ越しやクレカ作成も簡単にできます。
また、家族や親戚に顔を合わせる際も引け目を感じなくなります。
・悪かったこと
仕方ないことですが、やはり責任が伴います。
そう簡単に同じ身分になれる訳ではありませんので、「何かあったら辞めてしまえばいい」という選択肢がなくなります。

 

男性
フリーターの時は、保険、年金、税金を全て自分で管理して支払い等もやっていましたが、正社員になり会社で管理してくれるようになった為、福利厚生がしっかりしています。
また賃金や休日も安定している為、今後の人生プランを立てるようになりました。

 

女性
良かった事は、生活が安定し、ボーナスが頂けた事、世間的にきちんとした大人として見て貰えるようになった事です。

 

悪かった事は、サービス残業等で、働いているにも関わらず給料が発生しない事がある、家庭の都合等で休みを取りたくても取れない事です。

 

女性
やはりしっかりと社会人としての身分を保証されること、福利厚生がきちんとととのっていることが一番正規の社員になってよかったことです。そして金銭的にも潤い、親の病気の治療費もまかなうことができるようになりました。

 

男性
やはり給料が安定してることが一番よかったと思います。フリーターだと毎月給料が安定せず不安でした。悪かったことはスキルアップの勉強のため家でも勉強しなければならなかったり、会社を以外でも拘束時間があることです。

 

女性
私の場合は、両親がなにより喜んでくれました。ずっと学生時代からアパレルに憧れて働いていたので、やっと正社員になったと告げると嬉しがってくれました。また正社員になることで、お給料も安定しますし、ボーナスももらえました。

 

まとめ

良かったこととして多いのはやはり福利厚生や保証がしっかりしているというところですね。
そして、社会的信用も大きいようです。
さらに収入の安定も大きいようです。
そういったことから精神的な安定、気持ちの余裕が出てきたという声が多いです。

 

悪い点は残業など時間の拘束が増えて自由な時間が減ったという意見です。
ですがこれも受け入れている人が多いようです。

 

総合的に正社員になって良かったと思っている方が多いようです。