正社員とフリーターの違い

MENU

正社員とフリーターの違い

正社員とフリーターの違いにはどういったものがあるのでしょうか。

給料

まずは給料の違いを挙げたいと思います。
正社員とフリーターの生涯年収の違いは正社員が2億から3億、フリーターでは1億以下と言われています。
若いうちは正社員よりフリーターのほうが時給換算にすると良かったりもしますが、年を重ねるごとに逆転、差が出てきます。
時給換算というところではなくてその他の福利厚生の部分も考えてみる必要性があります。

福利厚生

上で挙げたように時給だけで換算するとフリーターのほうが良いようですが、それ以外の福利厚生に違いがあります。
健康保険、厚生年金、住宅補助や家族補助など様々なものがついてきます。
将来的に結婚などをする老後のことを考えていくと正社員のほうが手厚いということがいえます。

信用

正社員だと社会的信用が違います。
たとえば家を買うためにローンを組まないといけないときにフリーターだとそれほど貸してはくれませんが正社員で大手の有名企業だと多くのお金を貸してくれます。
ローンが通りやすいですね。

時間

ここがフリーターの良いところかもしれません。
正社員はこの日休みたいといってもなかなか休むことはできませんが、フリーターなら休むことが容易です。
将来なにか目標があって時間の融通が利くフリーターをしているのであれば良いと思います。

 

メリット・デメリット

正社員のメリット
給料が良い 福利厚生がしっかりしている 社会的信用
フリーターのメリット
時間の融通が利く

 

会社としては正社員ではなくてフリーターを多く雇いたいと考えている会社も多いと思います。
正社員だと給料以外に福利厚生など会社が多く負担しないといけませんが、フリーターだとそれほど負担がありません。
安く済むということです。