「資格取得をしていました」と無駄な期間がなかったことをアピール

MENU

「資格取得をしていました」と無駄な期間がなかったことをアピール

20代
女性

 

前職は、仕事量と給料が割に合わず、身体を壊して辞めました。といっても睡眠不足が続き、何日間か疲労のために休暇を取った程度のものです。しかし、なかなか次の仕事をしようという気が起きず、半年ほど日雇いのバイトで食いつないでいた時期がありました。1年ほどすると貯金も底を尽きてきたので働こうと考えました。しかし、この即戦力が求められる時代に、無資格で社会人経験の浅い人間を採ってくれる会社があるとは思えなかったので、資格を取ろうと決めました。今、人材が多く求められる職種は福祉関連が多いので、福祉関連の資格を取得しました。資格取得には約半年かかりました。その後すぐに福祉関連事業所の面接を受けに行きました。前職から1年経っているということが非常に不利な点になると感じたので、資格の取得のための期間であったことを全面に押し出して面接に臨みました。前職で身体を壊したことも少し過大に話し「無理のないペースで資格を取れるよう長い期間を費やしました」という言い方をしたことにより、1年のフリーター期間が悪く思われなかったのか、無事採用していただくことが出来ました。しかし、これからフルタイムで働くことになるが大丈夫なのかと身体の面はとても細かく聞かれたので、それに関する答えもしっかり用意していきました。

「資格取得をしていました」と無駄な期間がなかったことをアピール関連ページ

飲食店でフリーターから正社員になりました
飲食店でフリーターから正社員になりました
フリーターから正社員になれました
フリーターから正社員になれました
フリーターから正社員になりました
フリーターから正社員になりました
フリーターから正社員へ転職
フリーターから正社員へ転職
フリーターから正社員へ
フリーターから正社員へ
気楽なフリーターからベテラン店長への成り上がり。
気楽なフリーターからベテラン店長への成り上がり。
フリーターから資格を取得して正社員へ
フリーターから資格を取得して正社員へ
フリーター歴3年から社員になるまでの道
フリーター歴3年から社員になるまでの道
フリーターからの正社員転職
フリーターからの正社員転職
私がフリーターから正社員になろうと思ったきっかけ
私がフリーターから正社員になろうと思ったきっかけ