職歴なしから就職|正社員になるには

MENU

職歴なしから就職|正社員になるには

 

まず職歴なしということで就職はできるのかというところですが一人一人年齢や状況が違うので一言では言えませんが、就職に成功している人は多くいます。
20代でいえば就職支援サービスでは70%とか80%以上などという感じで就職に成功していたりします。

 

ではどうやって就職活動するのかというところです。
おそらく職歴もないし、不安だしどうやって就職活動したらよいのかわからないという方も多いでしょう。

 

ネットでいろいろ調べていても一般的なことしか書かれていなくてあなた向けではありません。
やはり就職支援サービスを利用することだと思います。
履歴書や面接などわからないことだらけの状態で職歴があるライバルと自分だけで勝負するのはとても効率的とは言えません。
できるのであれば問題ありません。

 

就職支援サービスの経験のあるコンサルタントにサポートしてもらうのとではおそらくかなり違いが出てくると思います。
客観的にあなたを見てくれていろいろ強みなども引き出してくれるでしょうし、履歴書の書き方、面接対策なども学ぶことができるでしょう。
当然求人も紹介してくれます。

 

一度ハローワークや求人情報サイトで仕事を探して見つけても良いとは思いますが、やはり、就職支援サービスを利用しながらそこでも仕事を探して就職に関してのスキルを上げながら並行して自分で求人を探すのが効率的かと思います。

 

高卒でフリーターから正社員になるための就職活動なども同じような感じかなと思います。

 

あと大事なのは仕事選びですね。
いきなり大手の商社やメーカーや企画、マーケティングの人気の仕事がしたいといってもなかなか難しいかと思います。
可能性の高いSEや営業、介護・福祉系の仕事も視野に入れておくことが大事かなと思います。

 

ただ、これも卒業してどれくらい経っているのか、最終学歴、年齢、技術、経験などでも選択肢は変わってくるでしょう。
ですから自分をしっかり分析して把握することが大事なんです。

自分を分析把握

 

職歴なしから就職するためにはまずあなたの状況を把握して取るべき行動を考えましょう。

 

どういうことかというと職歴なしといっても人それぞれ状況が違うと思います。
既卒の23歳なのか、高校を卒業して現在28歳では全然違いますね。
さらにアルバイトをしたことがあるのかないのかでも違います。
例えば28歳でバイトもしたことがないとなると何をしていたのということになると思います。
まあアルバイトははある方ばかりだと思いますからあるという前提で話していきたいと思います。

 

アルバイトでも管理する立場であったり、責任のあるバイトもあります。
正社員と変わらない仕事内容の方もいるでしょう。
ですから十分に経験になります。

 

ただ、アルバイトでもプラスに働くここととならない場合はあります。
たとえば3ヵ月でやめたとかではよほどの理由がない限りプラスにはならないでしょう。
そうなると書かないという選択肢も出てくると思います。

 

 

今何歳で最終学歴、どういった経験スキルがあるのか、どのようなアルバイトをしていたのか、どれくらい続けていたのかなど考えてみるとよいと思います。

 

職歴がなしなわけですからそれ以外の部分をしっかりアピールする必要があるわけです。
やはり自分をしっかり把握することで行動も見えてくるかと思います。
それが自分でできるなら良いですがなかなかわからないという方もいるでしょうから就職支援サービスがおすすめということです。
ちなみに私も実際転職支援サービスを利用してそう思ったわけです。

 

あとは就職支援サービスも会社やコンサルタントによって違うので2,3個並行して利用したほうがよいかもしれません。