フリーターから正社員になれる人となれない人の差は?

MENU

フリーターから正社員になれる人となれない人の差は?

フリーターの方ですぐに正社員になれたという方がいる一方、全然正社員になれないという方もいます。
ではこの差はなんなのでしょうか。

 

年齢や経験、タイミング、話してみての感覚など様々な理由が考えられます。
こういったところが浮かんでくると思いますがもっと違う角度から考えてみてください。
会社としては会社にプラスになる利益になる人を探しています。

 

自分が面接官ならこの会社はどういった人を選ぶのかということを考えてみてください。
もし中小企業なら長く働いてくれて他のの従業員ともうまくやっていってくれる協調性のある人というところを重視する会社もあるかもしれません。

 

営業ならタフで会話力のある人を必要としているという会社もあると思います。
そう考えたときに自分が準備すること、自分がそこで内定をもらうために必要なことがみえてくるのではないでしょうか。

 

たとえば営業の求人募集だとして3年間プログラマーの仕事をしていた人よりもアルバイトでも接客や人との対面の仕事をしていて会話が得意な人のほうが良いということも十分あります。

 

あとはあなたのことを見ていると思います。
ずっとフリーターでもしっかりしている人はしっかりしていますしポテンシャルのある人も多くいます。
正社員だからといってしっかりしていない人もいます。

 

ですからフリーターでも目標があって、理由があってフリーターをしていて、その結果○○の会社で正社員として働きたいとなると採用担当もこの人を雇いたいとなる可能性もあります。

 

やはり、給料がいいから楽そうだからなどなんとなくその会社を選んだということでなくてその会社で働きたい理由と働くことでその会社にどれだけのメリットがあるのかというところをしっかり伝えられるようにすることが大事ではないでしょうか。

 

そのためにははやり準備をしっかりするということです。
フリーターの方は就職活動をしたことがないという方も多いでしょうし、どうして良いのかわからないという方も多いと思います。
ですから間違った準備であったり準備不足ということもあるのではないでしょうか。

 

まず自分のアピールポイントがわからない方も多いですし、自身がない方も多いと思います。
そういった方はフリーターにおすすめ就職サポートサービスを利用して自分を引き出してもらって就職支援をしてもらうと良いと思います。
これは本当に私は思っています。