フリーターから就職(正社員になろうと)しようと思った理由は?

MENU

フリーターから就職(正社員になろうと)しようと思った理由は?

フリーターから正社員になろうと思うきっかけはいろいろあると思います。
その理由を聞いてみたので紹介したいと思います。

 

フリーターから就職(正社員になろうと)しようと思った理由はなんですか?

 

安定・福利厚生

女性
社会保険や厚生年金、福利厚生など色んな保証がある方が仕事をしていく上でモチベーションも上がり、やり甲斐もありやる気にも繋がりますし、人に仕事について聞かれたときも、ちゃんと就職していれば恥ずかしくないと思いました。

 

女性
毎月の給料が変動してしまうこと、シフトに毎日必ず入れるわけではないので毎月毎月給与明細を確認するのがストレスに感じた事。
3連休などをとっても正社員だと固定給がもらえることが利点だと感じたこと。保険料が高いと感じたこと。

 

女性
元々正規社員で仕事についた後、どうしてもその会社を辞めたくて退職して、その後四ヶ月ほどフリーター生活で3つほどのバイトを掛け持ちしてほぼ毎日アルバイトをする日々を経験し、やはりボーナス、固定休、有給が欲しいとおもいアルバイトを辞めて正規社員での就職をしました。

 

女性
フリーターの生活に困らない程度の収入が得られて時間の融通も利く生活も悪くはなかったのですが、将来に向けて安定した収入と福利厚生がしっかりしている安心感を得たいと思ったため正社員として就職しようと思いました。

 

男性
理由は色々とありますが、第一に収入の安定と、さらに賞与の魅力、福利厚生の安定ですが、自分は「成人までに就職をしなければ、家を追い出す」と、親に言われていましたので、結構焦って就活しました。中には世間体を気にして就職をする方もいるのではないでしょうか。

 

女性
アルバイトであることに何もメリットを感じなかったのが1番です。賞与も無し、社会保険も無し、雇用保険も無しとない事の方が多かったので、正規雇用になると、保証が沢山あるし、きちんと自立したいと思い転職を希望致しました。

 

女性
元々、ボーナスに憧れがあり、長くバイトをしていたバイト先が閉店する事になり、社員は他店舗への移動でしたが、バイトは全員解雇になった為、安定し、有給、ボーナスのあるそうそうクビにはならない正社員になりたいと思いました。

 

男性
ボーナスをもらいたかったからです。
フリーターとして、飲食店とアパレル店を掛け持ちしておりましたが、将来的な経済的不安があったので、ボーナスがもらえる就職先を見つけて就職をしまし
た。
現在は安定した収入を得られております。

 

まとめ

正社員のメリットとしてはやはり安定収入と福利厚生がしっかりしているというところがあります。
アルバイトでは収入面のの安定がなかったり保険が高かったりなどがきつくて就職しようと考える方が多いようです。

 

将来への不安

女性
半年間ほどフリーターをしていました。
自由な時間、日にちで働けていて息苦しさはなく、気楽でした。
しかし働けいていくうちに、将来に対して徐々に不安になってきました。
フリーターなので昇進もないので、遣り甲斐も感じられず、頑張って就職しようと思いました。

 

女性
将来に焦りを感じました。周りの友人は貯金が着々と貯まり、将来に向けての夢なども現実的に話している中、一人だけ置いてかれてる感がありました。
年齢を重ねるごとに親から離れなくてはならない自立心も芽生え、親孝行のことなど考えた時に就職を決めました。

 

女性
1年近くフリーターとして頑張っていたものの大人になっていく将来を考えていくうえでこのままではだめだなという気持ちと安定した職に就いたほうがいいなと思ったことがありフリーターから就職をすることにしました。

 

女性
アルバイトから始まり、派遣社員として長期・短期の仕事を繰り返してきたが、年齢が上がって来るに従い将来の生活に不安が出てきたことと、フリーター(派遣社員)の仕事紹介の頻度や面接(職場見学)に至るまでの確率が落ちてきたため。

 

男性
大学卒業後、特に就きたい職もなかったため、学生時代からしていた居酒屋のバイトをダラダラ続けていました。すると、彼女からあなたとでは先が見えないからと別れ話を切り出されて、就職しなければと思ったからです。

 

男性
単純に将来の保証がないからです。
ずっとこのままではいけないと考えながらも、なかなか行動に移せずにおりました。
ただ、周りを見て、年齢を重ねてからの脱却は難しくなると考え、今のうちにちゃんとしたところに就職しようと決断しました。

 

まとめ

アルバイトを続けていても将来が見えないということから就職を考える方も多いようです。
若いうちはいいけど年齢を重ねると就職も厳しくなってくるので年齢的なものも関係しているようです。

 

給料・収入が少ない

女性
決まった収入がなく、かつ収入も少ないので自由に使えるお金もほとんどなく、ましてや貯金ができず生活がしんどかったです。またフリーターの世間のイメージがあまり良くなかったので、フリーターであることに少し恥ずかしさがありました。

 

男性
就職しようと思った理由として、まずは給与のことです。
フリーターだとアルバイトで生計を立てますが、やはり体調を崩してどうしても出られないとなったときに給与が下がってしまうため、就職して正社員として固定給をもらえる方がいいと思ったのと、社会保険のほうが負担が少ないと思ったからです。

 

男性
20代後半になり、焦りを感じたからです。友人も正社員が多く、結婚している人もいました。その時につとめていたアルバイト先ではどれだけ出勤しても月20万円ほどでしたし、体力面や金銭面を考え、就職活動をはじめました。

 

女性
フリーターだと働いても給料が安くて、生活して行くだけで精いっぱいになってしまい、貯金ができません。
何年か働いて、経験を積んで行っても給料が上がらないし、ボーナスもないので、将来が不安になってきたこともあり、就職しようと考えました。

 

まとめ

アルバイトでは給料が少なく生活が厳しいという声もありました。
福利厚生なども充実していない場合が多いので結局自分で使えるお金が少ないという結論になります。

 

親のため

男性
両親が2人共、年金生活をしています。
自分が離婚し、会社も辞めてフリーターをしている姿を見たくなかったと思いますが、文句1つ言わずに見守ってくれました。
これから自分が、両親の面倒を見て行く為に、定職に付く必要があると思った為、就職しました。

 

女性
渡しがフリーターから就職をしようと思ったきっかけは親が癌で倒れたことがきっかけです。私はひとりっ子のため兄弟もおらず、今、親を助けることができるのは自分しかいないということを自覚し、就職を決意しました。

 

女性
世間体的に、フリーターというとちょっと見下されたような感覚になると、大学卒業すると周りのほとんどの友達は正社員で働いていたからです。また、親に安心させたいという思いと、保険や保証など受けたいから正社員になろうと決めました。

 

まとめ

親を安心させたいという人もいました。
自立しなけえればいけないという考えになる方もいるようです。

 

結婚するため

男性
当時付き合っていた彼女と結婚するために、結婚資金を集めるためと、世間体を気にしたためです。特に彼女のご両親に納得していただくためにフリーターを辞めて就職しようと思いました。結婚後、家族を養っていくためでもあります。

 

男性
20代前半の時に、東京にでたくて上京しました。週4回くらいのアルバイトをして、都会の生活を楽しんでいましたが、付き合っていた彼女の妊娠が発覚した為、このままじゃ生活をして行けないと思い、就職しようと思いました。

 

男性
20代後半になり、周囲の友人が皆正社員で焦りを感じたからです。大学で就活を失敗し、ずっとフリーターでしたが、30代が見えてきてこのままでは正社員になれないと真剣に考えました。また、付き合っていた人との結婚を考えていたからです。

 

まとめ

アルバイトでは収入的にも厳しいし、相手の親に認めてもらうために就職をするという方もいました。
これは男性の方がほとんどだと思いますがしっかり養っていかなければいけないという責任感だと思います。

 

成長のため

女性
大学を卒業してすぐは、やりたいことなどが無くてフリーターでも生活できると思ってアルバイトの掛けもちを続けていました。
数年経って、社会人になった同級生と会う度に、自分の世間知らずさを痛感したため、会社で働こうと思いました。

 

女性
今のままでは周りからダラダラ行きているように見られ自分は負けた人間という風に思われるのがとてもストレスだった。フリーターもちゃんと仕事してるというのに親に食べさせてもらっている存在としかならず、人として認めてもらえなく辛かったから。

 

まとめ

アルバイトでは成長できないということで就職しようと考えている方もいるようです。

 

周りに言われて

男性
周囲が優秀な友人ばかりで、新卒入社の会社をすぐにやめフリーターになったときから早く就職しろと言われ続け、煩わしくなる程に続いたので、社会的にこのままではまずいのかなという気持ちもあったために就活を始めました。

 

まとめ

親や友達などに言われて仕方なくという方もいるようです。

 

正社員雇用のお誘いがあった

女性
アルバイトとして勤務していたのですが、役職者と最初にしていた勤務形態と全然違う為、不満をぶつけていたら正社員雇用のお誘いがきました。今まで正社員経験がなかった為せっかくだからやってみようと思い、就職を決めました。

 

まとめ

「うちで正社員として働かないか」という逆オファーですね。

 

やりたい仕事があった

女性
高校卒業後、保育の道を目指し短期大学に入学しました。想像との保育の仕事のギャップに学生時代は資格だけ取得して、とりあえず仕事は決めずに卒業しようとおまいました。1年フリーターになり、やはり保育の現場に勤めたいという思いが強くなり就職を決めました。

 

まとめ

やりたいことがあって正社員として働くことにしたという方ですね。

 

フリーターから就職(正社員になろうと)しようと思う理由まとめ

やはり正社員のメリットである福利厚生や安定というところが就職する理由として多いようです。
それに関係している将来への不安の解消、収入面のアップなどです。

 

あとは自分だけのことではなくて、親や恋人(結婚)のことを考えて就職するという方も多いようです。

 

こうやってみるとフリーターの不安や周りからのイメージというのは良くないということがわかりますね。