フリーターのメリット・デメリット

MENU

フリーターのメリット・デメリット

 

フリーターというとあまり良いイメージがありませんね。
若いことは良いですが、将来のことを考えて就職して正社員になろうと思う方も多いと思います。

 

ではフリーターのメリットとデメリットを紹介したいと思います。

 

メリット

  • 時間の調整がしやすい
  • シフト制のところが多く、休みなどの調整がしやすい。
    趣味ややりたいことを優先できる。

  • 責任が低い仕事が多い
  • 責任のある仕事に就くことが少ない。
    なので気持ち的にも余裕がある。

  • 次の仕事に移行しやすい
  • すぐにやめやすい。
    仕事の引継ぎはあるにしてもそれほど難しいことではない仕事が多い。

  • 残業があまりない
  • 時給のところが多く、時間になれば帰れる場合が多い。
    たまに残業もあるが正社員ほどのところは少ない。

  • そのまま正社員になれる可能性がある
  • 仕事によってはあなたの働きが認められるなどでそのまま働いているとアルバイトや契約社員から正社員になれることがあります。

 

デメリット

  • 給料の変動がある
  • 時給のところが多く、病気や趣味などでバイトに入らないと給料が少なくなる。
    仕事に多く入ればそれだけ給料は増える。

  • 福利厚生が少ない
  • 国民年金、その他保険などがついていないので自分で払わなければいけない場合が多い。

  • 給料が安い
  • 若いうちは良いが年齢を重ねると正社員のほうが給料が高くなる。
    実際は保険や年金などの手当てを考えると正社員のほうが実質の年収は高い場合が多い。

  • ボーナスや退職金がない場合が多い
  • ほとんどの場合ボーナスや退職金がない。
    あったとしても少ない。
    生涯所得で比較すると正社員との差は大きくなる。

  • 社会的使用が低い
  • 社会的信用が低くクレジットカードの審査やローンが通りにくいことが多い。

 

まとめ

 

このようにメリットデメリットいろいろあります。
フリーターの最大のメリットは自由度が高いということでしょう。
他にやりたいことがあるなど理由があれば都合が良いです。

 

ですがお金や将来のことを考えると正社員のほうが良いでしょう。
将来のプランがなく、単に何も理由がなくフリーターをしているだけなら計画を立ててみるのも良いかと思います。