就職活動の方法

MENU

就職活動の方法はどういった方法?

就職活動の方法と言ってもいろいろあります。
そして、人によっても違います。
ここで他の人がどういった就職活動をしているのか気になると思いますのでそれらを紹介したいと思います。

 

就職活動の方法はどういった方法ですか?

 

 

女性
近くのハローワークヘ行ったり、新聞折り込みの求人チラシや求人の雑誌、求人サイトなどを片っ端から見て就職先を探しました。そして自分の求める条件に合う求人があれば即応募しました。フリーターなので就職活動に充てる時間は十分ありました。

 

男性
ハローワークへ行って登録をして求人を見たり、就職求人サイトも見たりしました。
サイトは週の曜日で更新されるので頻繁にチェックしていました。
直接会社へ連絡をとり説明を聞かせていただける所へは出向き説明を聞いて検討したりしました。

 

女性
まず求職雑誌を買いました。
そして自分がしたい仕事に絞って、探し始めました。
雑誌以外にも、新聞、ハローワークで、粘り強く探しました。
また知り合いにも事情を話し、もし良い仕事があれば紹介してもらえるように依頼しました。

 

女性
夏以降はなかなか求人がないので、今年の夏に募集がかかっていた保育園に、就職を考えていてまだ採用枠があるかをいろいろな保育園に電話をし活動しました。その他に保育園の見学など積極的に就職活動に励みました。

 

男性
ハローワークや求人誌など、色々調べてとりあえずひたすら面接を受けました。しかし中々採用されなかった為、親にお金を借りて介護の資格をとりました。それまてばアルバイトを継続し、資格がとれたらすぐに面接を受け、ようやく就職できました。

 

男性
インターネットや雑誌を使い、自分の条件にあうものを探しました。わがままも言ってられなかったですが、結局良いものは見つかりませんでした。そうこうしているうちにバイトで知り合った方から仕事の紹介をされ、無事正社員になれました。

 

女性
まずは就職したい職業を見つけ、その中からアルバイトの後正社員登用してもらえる場所を探しました。
ハローワークや求人雑誌やネットの求人など、色々なところから求人情報を探し、自分に出来ると思える場所を見つけました。

 

女性
私は職業安定所に行ったりすることはもちろんなのですが、積極的に会社の紹介などがあれば行って話を聞いたり面接や履歴書の書き方なども1からしっかりと学んで、完璧にしてから実際の面接に行くことを心がけていました。

 

女性
インターネットを利用して仕事を探したり、資格をとって、手に職をつけてから就職活動をしようかなど、色々考えました。
ハローワークの相談窓口に実際に行って、仕事を探したりもしました。
自分が通っていた大学の就職課にも電話して話を聞いたりもしました。

 

女性
転職サイトに複数登録し、とりあえず未経験フリーター可能とかいてあり
簡単そうな仕事にかたっぱしから応募してみました。
学歴も高くないのと、早く仕事に就きたかったので資格などはとらず、人柄などの人物採用重視の求人を狙いました。

 

男性
毎日、午前中にハローワークに通い、求人の検索と、志望動機の添削を行ってもらいました。無料で面接指導も受けました。ハローワークだけでは足りないと思い、リクルートグループの「就職shop」にも登録に行き、求人を紹介して頂きました。

 

女性
インターネットの転職サイトなどの閲覧から始めましたが、なかなか面接までいくことができなかったので、ハローワークへ相談にいきました。面接や履歴書の書き方なども無料でアドバイスいただいて、無事に就職することができました。

 

男性
就職エージェントを3社登録しました。それぞれ一回ずつ面談を行いましたが、その後はホームページ上とメール、電話でのやり取りを行いました。その他に、希望就職先のホームページを閲覧して、採用情報をチェックし、応募しました。

 

女性
元々アルバイトをしている時に以前から交流のあった今の会社の方からうちの会社に入ったらどうですか?とのお声がかかったので、このチャンスは乗ってみるべきだとおもいそのままその方の紹介というような形いわゆるコネで今の会社に入りました。

 

女性
アルバイトをしつつ、興味のある分野の求人情報を見たり、働いてみたいお店に直接足を運んで雰囲気を確認したりしていました。また、これまで自分がアルバイトをする上で大事にしてきたことや経験したことを書き出して、仕事探しの参考にしました。

 

男性
あらゆる求人情報サイトし、ハローワーク、エージェント相談などありとあらゆる手段を始めに登録し情報が閲覧しやすく比較出来るようにしました。ハローワークは中小企業、エージェントも経歴なし、第二新卒でもない私には苦労していたので最終的には求人情報サイトから決めました。

 

男性
当時は現在ほどインターネットが普及していませんでした。自分は求人雑誌や広告で、求人応募を数十社掛けて、そのなかでアルバイト時代と同じ職種に就職することができました。ハローワークで就活する選択もありましたが、自分はそれを避けました。

 

女性
ちゃんとした職場を探すのは難しかったのでとにかくハローワークに行き、登録して相談していろんな思考を取り入れて自分が応募できる分野を広めた。履歴書を直してもらったりはかなり心が痛かったり、面接落ちたりしてもとにかくハローワークを通って次から次へと面接した感じです。

 

男性
主にハローワークや正社員募集のチラシで良さそうなところを片っ端から連絡していました。また、自分が得意だった電化製品業界に絞り就活しました。ただ、資格等なく、大学卒業からずっとフリーターだったので、面接で何社も落とされました。職場でがんばった経験やリーダーシップをとった経験をノートに書き出し自己分析することや、正社員になる意気込みについてしっかり伝える努力をしました。

 

女性
転職サイトや、転職エージェントサイトに複数登録しました。求人サイトに希望条件で検索を沢山かけて、主にネットで探したりもしましたが、結局は、ハローワークに行って登録して希望条件を聞いて頂き探して頂きました。

 

女性
新規の就職活動ではなく、派遣社員として入った企業の内部で正社員雇用となった。活動としては、正社員になりたいと意思表示をしていたことと、配置先の部署で実績を積むことで信頼を得た。正社員としての雇用が約束されている「紹介予定派遣」ではなく、通常の長期契約だった。

 

男性
仕事以外の時はネットで求人検索しました。
休日など時間を多く取れる日などは、近くのハローワークで求人検索し、ついでに窓口で就職相談いたしました。
また、なりたい職に関して情報収集し、資格取得を目指して勉強しました。

 

男性
主には、ハローワークへ通いました。
また通いながら、相談員の方に自分の職歴や経験等を伝え、自分の希望の会社を捜してもらいました。
ハローワーク主催の企業説明会にも参加しました。
また情報誌やネットでも捜しました。

 

女性
何もスキルがなかった為、ハローワークでエクセルやワードのスキルアップ講座を受講し、相談員さんに、面接の練習などを何度も付き合っていただき、第一印象が良く見えるような姿や、話し方のアドバイス等をして頂きました。

 

女性
かつてから関心のあった教員という仕事につくために、まずは大学の通信教育部で教員免許の資格をとりました。そして年に一度の採用試験にチャレンジし、地元の小学校の教師になれるように精一杯に努め、無事に就職を果たしました。

 

男性
人と話をするのが好きだったので、職安で販売業の募集を見て片っ端から面接を受けました。面接を受けているうちに、自分は携帯電話が好きだからそれに関係する仕事をしたいと思うようになり、希望する会社を携帯電話関係のものにしぼるようにしました。

 

女性
私はアパレルのアルバイトをずっとしていたのですが、そのアルバイト先で個人売り上げや業務成績などを認められれば正社員になれる。ということで、日々の接客やアパレル業務を一生懸命にこなし、働くことを意識しました。

 

まとめ

調査結果を見て見るといくつかの媒体を並行して利用している方が多いことがわかります。
その中でもやはり強いのはハローワークですね。
とりあえずハローワークを利用するという方も多いようです。

 

他では現在働いているところで正規雇用として働くことになったという方もいますし、直接会社に連絡したという方も少数ですがいました。

 

やはりいろいろ並行して利用してみてというのが良いと思います。