正社員になるためにあなたが大事だと思うことは?

MENU

正社員になるためにあなたが大事だと思うことは?

これから就職しようと考えている方はフリーターから正社員になった先輩の意見も気になるのではないでしょうか。
実際就職に成功した方達の意見ですから参考になるのではないでしょうか。

 

いろいろな方に質問をしてコメントをもらいましたので参考にしてみてください。

 

男性
就職先の会社に、しっかりと誠意を持って働けるかどうかだと思います。その会社のために、自分の知恵を絞り、会社に恩返しすることができるかが大事です。また、どんな人間関係でも円滑に対応できるスキルが大事だと思います。

 

女性
稼ぐ意思が人一倍強い事をしっかり伝える事。
変な話、お金欲しいって言いながらしっかり業務内容をきっちりこなすだけでも十分だと思います。
私は自分がいくら稼ぐかしか興味なかったので言いませんでしたが、誰よりも多く稼ぎたいという競争心がある事をアピールするのも大事だと思います。

 

女性
絶対正社員として働きたい、という強い気持ちが大事です。やはり正規雇用ですとフリーターとは様々な面で縛りが違います。しっかり働けることに対して前向きに、そして感謝できる気持ちを持つことが大事だと思います。

 

男性
やはり、最低限の常識のあるなしは大事だと思います。人として社会人として。
言葉遣いや振る舞い方、髪型などの身だしなみがきちんとなっているのかどうかがまずは最低ラインとして大事なことだと考えます。
あとはどれだけ勤めたいと思っている会社にその気持ちを伝えられるか分かりやすくまとめることです。

 

女性
まずはどうしてその仕事をしたいかという、明確な理由、志望動機をアピールできるかが大事だと思います。
そして仕事をするにあたって、真面目で素直な気持ちで取り組めるということも、大事だと思います。
あとは周囲とうまく関われるかどうかも、大事だと思います。

 

女性
どこの職場に勤める時も自分はこの職場でこういう気持ちで働いていきたいという自分の思いを強く伝えることだと思います。こんな風に貢献したい!だけではなく、そのために自分自身がどのような姿勢で働いて行くのか、がとても大切だとおまいます。

 

男性
やはりこのご時世資格を持っている事は、強みというより必須条件だと思います。
これならやれる、この仕事は興味が持てるといった職種を勉強し、資格をとることが大事であると、私は気付かされました。仕事にも少し自信を持ってやれると思います。

 

男性
まずは動くことです。今回私は面接等いきませんでしたが、正社員として働こうと思っていろいろ行動していなかったらおそらく今の会社に紹介されることもなかったでしょう。採用される、されないは動いてみないと分かりません。動かなければ可能性はゼロです。

 

女性
自分が短期間でいかに会社に信用してもらえるか、そして頑張っている所を見せ付けるかというのが一番大事だと思います。会社の方はやる気、正確さ、対応のしかたなど様々な点をよく見ていると思うので、とにかく悪い印象を与えないことが重要だと思います。

 

女性
前向きな気持ちと学ぶ気持ちはとても大切だと実感しました。フリーター時代での大変さとは違い、その仕事に対して自分が全て任されます。フリーター時代との責任感は180度違いました。前向きに自分へのプラスになることと考え落ち込んでも立ち向かう気持ちを忘れないように心がけました。

 

女性
しっかりと正社員としての自覚を持つことが大事です。今までは当たり前だと思っていたことも正社員になるとうまくいかなかったり、なかなか思い通りになることもなかったりと困ることもあったのですがしっかりとその現実に向き合い責任感や自覚が大事となります。

 

女性
正規雇用されるためには、それなりに求められるスキルが必要ですし、スキルが足りないなら、就職活動をする前に学校に通うなりして勉強したり、資格を取ったりするべきです。
あとは、自分を売り込むためにどれだけ話せるかです。

 

女性
とにかく人柄だとおもいます。
会社にどんな利益をもたらしてくれるか、をアピールする事。
自分は接客業しか経験がなかったため、最初から事務 OLのスキルがないとみなされてしまったため
最初は数年受付事務の正社員になりその後は転職し事務になりました。

 

女性
会社の一員として、責任を持って働くことができるか、自分の働きが会社の利益になるかどうか。といった見えにくい部分のやる気が一番大事です。
あとは、とても基本的なことですが、挨拶や報告・連絡・相談ができることも大事だと思います。

 

男性
信頼感と責任感だと思います。正規雇用は他の雇用形態とは違い、会社から信頼される人材になる必要があります。会社にとって大切な顧客と折衝し、関係性を深めていくことが正規雇用者の役割だと思います。就職面接で信頼感と責任感をアピールすることが大事だと思います。

 

女性
その会社で働きたい意思と貢献したいという意思。
フリーターのときのアルバイトという立場とはちがって正規社員としての仕事に責任をもって仕事をすること。
簡単に辞めれるわけではないので、周囲との人間関係や職場環境づくりにも自分をしっかり形成していくこと。

 

女性
自分がこれまでしてきたアルバイトの中で任された業務や得意な業務、苦手な業務を自身で把握しておくことは大事だと思います。
仕事探しにも役に立ちますし、面接の際にアピールするポイントにもなります。
苦手な業務に関してはアルバイト時に慣れていくこともおすすめです。

 

男性
信頼です。その会社に利益をもたらし、人材から人財へと成長するという約束をし、その為に邁進するということを確約しそこに採用して頂くという気持ちや姿勢で信頼を示す事が重要なのかなと。自分を営業として売り込みその後も保証付きだよという感じでしょうか。

 

男性
自分が会社にとってメリットになる事をアピールする事だと思います。面接の段階では、実際に会社の事も自分の事も、お互いに分かりかねますので、いかに会社の事前情報を調べ、それに対して自分がどのように貢献できるかを、面接の場でアピールすることが大事だと思います。

 

女性
言われたことを忘れない内に付箋に書くこと。
全体から見て仕事の優先順位を間違えないこと。
するなと言われたことはとにかくしないこと。
理不尽に思ってもとりあえず我慢してゲーセンとかカラオケとか違う場所でストレス解消すること。

 

男性
前向きな姿勢でいることです。今後正社員になる不安、今までと大きく環境が変わる不安、本当にやっていけるのかという不安…たくさん心配事はあると思います。ただ、自分は変わるんだ、みんな大変な経験を乗り越えているんだから自分もできるという気持ちを強く持ち、面接に挑めば必ず熱意ややる気は伝わると思います。上だけを見て、突っ走るぐらいの気持ちが大切です。

 

女性
とにかく細かいことにも仕事に興味を持つことだと思います。好き嫌いではなく、関心を持たなければ、向上心も生まれないし、仕事の嫌な面ばかりに気づいてしまいます。それと、仕事と割り切って物事を考えることです。

 

女性
個人的な意見としては、正規雇用のチャンスが来た時にいつでも受けられるように準備を整えておくことが大切と感じる。具体的には、信頼を得られるような働き方が出来ること、自分にしかできないスキルを身に付けておくこと、ビジネスマナーを守ることなど。

 

男性
ブラックかそうでないかは別として、選ぶことさえしなければ、根気よく面接に行けば正規雇用にはなれると思います。
その業界について最低限の勉強をして、きちんとした身なりできちんとした話し方ができれば大丈夫だと思います。

 

男性
自分が何をしたいのか、どうなりたいのかといった具体的なプランがないといけないと思います。
そして自分の能力や過去の経験や資格等を活かせる仕事が、1番正規雇用に結び付くと思います。
高望みしすぎず、自分自身を冷静に客観視する事が大事だと思います。

 

女性
面接時の、清潔感、親しみやすさ、ハッキリと受け答えする事、自分のアピールをし過ぎるより業務に関して興味があるのが伝わるように質問する事等が、実際の仕事の経験やスキルよりそういった所を磨いていく事が大事だと思います。

 

女性
なぜ自分がフリーターでいなければならないのかをしっかりと見つめ、将来の見通しを持とうとする気持ちが一番大切ではないかと思います。その気持ちがないと、正規雇用されることは非常に難しいのではないかと思います。

 

男性
仕事に意欲があるのはもちろんですが、会社から向上心があるようだとおもわれる必要があると思います。今の時代、バイトでも人を束ねる仕事ができるようになってきているので、上にたつだけでなく会社をかえてやる!ぐらいの意気込みが必要です。

 

女性
私はアルバイト先から正規雇用されたのですが、なによりも真面目に取り組むということです。結構正社員になるのは難しいと言われていましたが、個人売り上げも一生懸命に上げていき、業務作業も正確にやりこなすことが大事だと思います。

 

まとめ

一番目についたのが気持ちの部分が大きいという意見が多いというところです。
その会社で働きたい貢献したいという気持ちが大事なようです。

 

どこでもいいから正社員として働ければ良いということではなくてそこで働きたいと考えているということはその会社のことも良く調べるでしょうから面接のときにでもしっかりなんでも応えられるでしょうし気持ちも伝わるということにつながるのではないでしょうか。

 

他には責任感や、常識、最低限のマナーなどが大事という意見もありました。