ブラック企業とは

MENU

ブラック企業とは

ブラック企業といっても人によって捉え方が違うと思いますが、一般的に給料が安い、長時間労働、サービス残業、パワハラ、仕事が過酷などが挙げられます。
たとえばサービス残業するなんて良くするという人も多いと思います。
それがどれくらいの時間なのかというところでも違ってくると思います。

 

ただ、それでも職場環境がよかったら過酷とは考えない場合もありますし、過酷だけど給料がすごくいいから問題ないと考える方もいますし、これらの感じ方は人それぞれですし、その人の価値観や総合的にどうかということになってくると思います。

ブラック企業の見極め方

その企業がブラック企業かどうか判断する方法としては離職率が一番わかりやすいのではないでしょうか。
満足していれば会社を辞めることも少ないと思います。

 

出産や結婚など個人的な理由を除いて離職率が高いということは会社への不満が大きいということが考えられます。

 

たとえばフリーターだとハローワークなどで求人を探すことが多いと思います。
何度もハローワークで求人を探しているといつも求人を募集している会社を見ることもあると思います。
そういった求人はすぐにやめてすぐに募集するということが繰り返されている可能性が考えられます。

 

ただ、情報源がない場合実際働いて見ないとブラックかどうかなんてなかなかわからなかったりします。
大手企業なら情報は出てきたりしますが、フリーターが就職する企業ということになるとそういった情報はなかなか出てこなかったりします。

 

ですのでハタラクティブ【UTWO】などのフリーター向けの転職支援サービスが良いということなんです。
その企業の情報ももっていますからね。
もちろんブラック企業が全然ないといえばそんなことはないと思います。
ただ、情報をもっているというのはこの時代とても強いと思います。