フリーター 正社員 なるには 就職

MENU

フリーターから正社員になるには|30前に初めて就職したからわかること

 

 

私も大学を卒業してから就職はしていなくて、そのあとはじめて
私が就職したのが30前の20代後半でした。
初めての就職が20代後半ということで最後のチャンスの気持ちで就職活動を行い見事に就職することができました。
さすがに年齢的にも経験的にも就職するまではとても不安で悩むことは多かったです。
こういった私と同じような状況の方も多くいるでしょうが、20代後半ではじめての就職ではとても大変だとは思います。
そういった一度も就職したことがないやフリーターから正社員になりたいという方のためにおすすめ就職支援サービスなどを紹介したいと思います。

 

就職支援サービスがおすすめの理由と使い方

フリーター向けの就職支援サービスですね。
私は初めて転職しようと思ったとき転職支援サービスを利用したのですが、これを使わないてはないなと思いました。
これでライバルに差をつけられるし転職活動がスムーズに進められると思いましたね。
履歴書や職務経歴書の書き方、面接対策、仕事の紹介、条件の代理交渉など行ってくれるわけです。
それでいて変な会社が少ないというのがありますからね。
これと同じようなサービスでフリーターから正社員向けのものですね。

 

むしろフリーターの人のほうが使うべきだと思いますね。
特にまだ就職したことがない人なら履歴書や職務経歴書の書き方や面接なんてほとんどわからないわけですからそれをサポートしてくれるのはありがたいですよね。
不安や悩みも多いですから精神的も助かると思います。

 

そして、求人も紹介してくれるわけですからね。

 

ん!ここでですが絶対にあなたに合う、希望する求人かあるどうかというところはわからないですからね。
フリーターから初めて就職するというわけですから、そんな希望に合った求人がごろごろあるということはないです。
ただ、適当にいろいろ調べて探すよりも良いと思います。

 

大事なのは就職支援サービスの使い方です!

 

相談して自分の良い部分を出してもらう。
そして、履歴書や職務経歴書の書き方や面接対策を学ぶ。
良い求人があれば活動して内定をもらう。
もし、良い求人がないのであればそれは仕方ないですからまた探し直しですね。

 

言われるがままに求人に応募するのではなくて自分の意志も伝えてしっかり選ぶことが大事です。
まあフリーターですし偉そうなことも言えないですけどね。

 

ちなみに大手などほとんどの転職支援サービスはフリーターは無理なところが多いと思います。
私も利用しましたが、正社員として1年以上働いているとかでないと紹介する求人がないみたいです。
1年でもほとんどないと思います。
3年以上からという感じでしょうか。

 

私が就職活動しているときは転職支援サービスはいろいろありましたが、フリーターから就職するときの就職サポートサービスがあった記憶がありません。
あったのかもしれませんが私は知りませんでした。
ですが今は結構あります。
人材不足もあるでしょうが、売り手市場で今は良いですね。
ではいくつかおすすめを紹介したいと思います。

フリーターにおすすめ就職サポートサービス


ハタラクティブ

ハタラクティブはフリーターや既卒者など正社員経験がない方向けの就職・転職支援サービスということで正社員として働きたいという方はとてもありがたいのではないでしょうか。
ハタラクティブも他の転職支援サービスと同じようにコンサルタントが就職・転職のサポートをしてくれるということです。
表には表示されない非公開求人もありますので利用しないてはないです。
サービスエリアが東京、神奈川、埼玉、千葉ということでこの地域で就職を考えている方には良いのではないでしょうか。

 

ポイント

正社員成功率80.4%

支援実績40000人以上

ビジネスマナーから面接のコツまでサポート

サービスエリアが東京、神奈川、埼玉、千葉

公式サイトはこちら⇒【ハタラクティブ】

UZUZ

UZUZも既卒・フリーター向けの就職サポートサービスです。
専任のキャリアカウンセラーが就職活動の相談を受け、適性や希望に基づいた詳細な求人情報の提供。面接対策・指導をサポートしてくれます。

 

どんな仕事があってどうしようか自分でもわからない、ブラック企業を避けたい、内定をもらえるのか不安、就職に悩みがあるという方は専任のキャリアカウンセラーにサポートしてもらうことでスムーズに進む可能性も上がるのではないでしょうか。

 

少人数制(5名〜10名)のセミナーを毎週開催されており、様々な仕事を知ることもできます。

 

ポイント

既卒専門で内定率83%

ブラック企業を排除で定着率93%超

対象は29歳以下

公式サイトはこちら⇒【UZUZ】

ProEngineer

無料でプログラミングを学べてフリーターなど未経験でもプログラマーへの正社員就業率96.2%

ProEngineerはフリーターで未経験から正社員プログラマーとして働きたい方向けのサービスです。
これ本当にありがたいサービスで
無料でプログラミングの考え方や基礎から教えてもらえて勉強できてプラグラマーとして就職サポートも行ってくれます。
これすごくないですか。
フリーターなど未経験でもプログラマーへの正社員就業率96.2%という実績があります。
保有求人数が3500件以上でしかも優良企業への就職も可能性があるのでプログラマーとして働きたいフリーターの方はぜひ利用してみると良いと思います。
途中でやめても料金がかかることはないので利用しやすいと思います。
まずは無料体験に行ってみると良いと思います。

 

ポイント

無料でプログラミングの考え方や基礎から教えてもらえる

未経験でもプログラマーへの正社員就業率96.2%

保有求人数が3500件以上で優良企業への就職もサポート

ビジネスマナーや服装履歴書の書き方などサポート

若者正社員チャレンジ事業

若者正社員チャレンジはニート、フリーター、ハケンなどゼロから正社員としての就職に挑戦したいという方向けのサービスです。
ちなみに株式会社インテリジェンスが運営しています。
株式会社インテリジェンスといえばDODAやanなどの求人サービスがありご存知の方も多いのではないでしょうか。
そして、若者正社員チャレンジは東京しごと財団より受託している公共事業なんです。
カウンセリング、セミナー、企業紹介、実習、奨励金制度などで支援し、 正社員として働く道を切り開くために生まれたサービスです。
対象は29歳以下で東京在住でなくても様々な地位の方でも参加できます。
ゼロから正社員に向けて頑張りたいという方はチェックしてみてはどうでしょうか。

 

ポイント

DODAやanなども運営する株式会社インテリジェンスのサービス

東京しごと財団より受託している公共事業

カウンセリング、セミナー、企業紹介、実習、奨励金制度などで支援

公式サイトはこちら⇒若者正社員チャレンジ事業

JAIC(ジェイック)

JAIC(ジェイック)はTVなど様々なメディアで紹介されている知名度のある企業です。
正社員就職支援実績も10,000人を超えている実績もあります。
社会人経験なしでもOKで公式サイトでは就職成功率80%以上という数字が出ているようです。

 

特徴は営業カレッジというものがあり、ビジネスマナーや会社の選び方、営業の基礎を学ぶことができます。
営業体験などもできるのでとても良い経験になると思います。
こういった講座が就職成功率80%以上という数字を出している理由なのかなと思います。

 

まずは無料の説明会に参加してみて自分に合うサービスかどうかを確認してから判断できるのも良いと思います。

 

利用可能なのは20代で日本国籍の方です。
30代の方は利用できません。

 

ポイント

就職成功率80.3%

厳選された優良企業20社を紹介

正社員就職支援実績10000名以上

 
フリーターから正社員になるのは難しいのか?

正直、20代ならまだこだわらなければ就職はできる可能性は十分にありますよね。
結局みんなこだわりがあるんですよね。
こだわるから就職できないわけです。
フリーターでも特別な経験や技術があれば別ですが、そうでない場合は当然仕方ないことなのです。
ですから簡単とまでは言いませんが

 

選ばなければ就職は十分可能

 

ということですね。
別に条件を下げて就職したらと言っているのではなくて条件を下げれば就職できる可能性は十分にあるということですね。

フリーターから逃れられないのは?

ハローワークや求人サイトなどでいろいろ探しているとは思いますがどうでしたか?ありましたか?
求人サイトは結構あったりするのですが競争率が高い上に経験を持った人が数多く応募する求人が多いので書類審査で落とされることばかりではないですか?
あるにはあるけどブラック企業とは言わないまでも厳しい仕事の可能性が高いなとか考えてなかなか決められないんですよね。
こうやってずっといろいろ探しているとなえてくるんですよね。
そして、自身もなくなるし、心身ともに疲れるし、でもお金は稼がないといけないからまたバイトしたり、バイトを続けるという流れになってしまうことが多くないですかね。

 

ですからフリーターから脱出したいという方は、こだわりを下げるのか、探し方を変えるのかなどいろいろ考えて行動することが大事だと思います。
あとは履歴書や職務経歴書、面接ですね。
フリーターであまり経験がなくても今までのいろいろな経験や実績があると思います。
それでもあまりないと思いますから面接などで思いなどを伝えることが大事です。

 

といっても何をどう書いてよいのかわからないんですよね

 

目標や情熱があれば自然とサラサラと書けますし話せますがそうでない人は難しいですね。

 

結局
どう行動してよいのかわからない、うまく就職活動ができない、悩みや不安だけが
大きくなってくるということになるんですよね。

 

フリーターから正社員になるためにどう行動するべきなのか

ではフリーターから正社員になるためにはどういった行動をとるべきなのかというところですよね。

 

視野を広げる

まずは求人選びで条件を下げる!と言いたいところなのですが、条件を下げて働いたとしても納得いかなくてやめたら意味がないです。
ただ、今回の会社は次のステップのために働くという意識なら条件を下げてまずは正社員として経験を積むのはありだと思います。
他には希望の部署に異動できる可能性があるとか。
そのもう一歩先を見たときに条件を下げても良いということであればそれは良い行動かもしれないですね。

 

フリーターからいきなりあなたの希望の会社や優良企業に内定をもらうのは難しいわけですからそういったことを考えてみると良いと思います。
実際に働いた会社がきつくても次の目標があれば頑張れる要因にもなりますしね。

仕事の探し方を変える

フリーターということでまずはハローワークや求人サイトあたりを探すと思います。
まあそれは別に良いとは思いますが、なかなか厳しくないですか?
ハローワークでも人気の求人はすぐに応募が殺到して募集人数1や2に対して100人以上とか当たり前にありますからね。
そこにフリーターが参戦するのはなかなか難しかったりしますね。
求人情報サイトは優良企業は多いですがさらに激戦区です。
まあ、難しいですね。

正社員とフリーターの違い

フリーターより正社員が良いと言われているけどどうしてなのかというところです。
フリーターで生きていけるならフリーターで生きていきたいけどと思っている方もいるかもしれません。
若いうちは良いですが長期的に見て見ると正社員の方がいろいろな差がでてきます。
たとえば結婚というところでフリーターでも結婚はできますが相手の親というところが関係してくるとなかなか親が認めてくれないということもあるかもしれません。
海外ならフリーターでも問題ない国もありますが、日本ではまだまだ世間体というのあるので非正規雇用となるとあまり良いイメージがないですね。
正社員とフリーターの違い

フリーターから正社員になれる人となれない人の差は?

この理由は本当にいろいろあります。
現在の自分の経験に合っていない企業ばかり受けているとか準備ができていないとか様々あると思います。
逆に採用されやすい人として、たとえばアルバイトを続けていても責任ある仕事をしていて経験があるとかアルバイトでも目標をもって働いているてバイトとして働いている理由がしっかりしているなど、
それをしっかり採用担当に伝えて企業の採用担当、面接官が納得できれば採用したくなるのではないでしょうか。
根本的にはその企業に必要な人材、能力があると思わせられるかというところが大事ではないでしょうか。
今は経験がなくて自分には何もないという状態でも準備がしっかりできていて、いろいろなことを考えて準備できる人間というのは仕事もできる可能性が高いでしょうし欲しいと感じるのではないでしょうか。
フリーターから正社員になれる人となれない人の差は?

フリーターの未来を考える

もし自分がこのままフリーターで働いたらどうなるんだろうということを考えてみるのも良いと思います。
これは現状の日本という国がこの状態のままだったと仮定して考える場合と日本がどう変わっていくのかを考えてそれに合わせて考える二つが良いと思います。
もしこのままの日本であればなんとかアルバイトで生活はできるのではないかと考えるかもしれませんね。
ただ、老後年金などもほとんどもらえないので生活できないから生活保護をもらって生きていくというのが考えられる未来ですね。
年金もほとんどもらえないでしょうから生活できるレベルにはない可能性もあります。
逆に日本が変化していく未来を想像しながらフリーターならどうなのかということを考えてみると、
現在は人材不足で売り手市場です。
特にサービス業は人材不足で外国人を雇うというところも多いです。
国もアルバイトの最低賃金を上げるというような流れになってきていますし、時給も上がってきています。
ですからアルバイトでも生きやすくなっているということは言える流れかもしれません。
ただ、今は良いのですがこれからの日本の人口も減少し経済成長率もそれほど高くなく、現在の発展途上国がどんどん発展して日本の影響力がなくなりGDPも下がっていくことになったときアルバイトだけではないですが日本という国がどうなるのかということを考えるとアルバイトなどの弱い立場の人が一番影響をうけるのではと考えたりします。
実はそれよりもアルバイトに一番厳しいのがすべてシステム化しようという流れです。
AIなどの進化もありますし今人間がやっていることをすべて機械に任せようということです。
まず単純作業や簡単なことは機械化するという流れになっていくと思います。
例えばコンビニやスーパーのレジの人がいなくなるし、最近ではユニクロも自分で会計をするような流れになってきています。
こうなってくるとアルバイトがやっている仕事がなくなってくるということが考えられます。

こういったことを考えてどうしていくかを考えることが大事だと思います。
フリーターの未来を考える

私の就職体験談
初めての就職活動ということでいろいろ不安はいろいろありましたが、自分で行うしかないのでいろいろ調べながらやりましたね。
ハローワークも利用しましたが、求人は参考になりますが、相談はなんか親身になってくれて役に立ったという感じはなかったですね。
たまたまそういった方にあたったからかもしれませんが、結局求人情報サイトの求人から応募して就職することができました。
それまでにいくつか応募下と思いますが、あまり覚えていません。
おそらく私は他の人に比べて比較的早めに就職できたと思います
なぜ早く就職できたのかということを考えたときにアピールポイントをいっぱい出してアピールしたことですね。
それにその業種のその会社で仕事がしたいということをしっかりアピールできたと思います。
そういったところが一番のポイントかなと思います。
その当時も今のようにフリーターでも就職サポートしてもらえるサービスがあれば便利だったのになとは思います。
今のほうがそういったサービスもありますしいいですね。

フリーターから正社員になった就職体験談

安定を求めるなら社員

20代
女性

 

私は高校卒業後に進学した専門学校を中退してから、フリーターとして生活をしていた事があります。
まだ10代の頃は、そのような友達も周りにたくさんいたので特に何も考えてはいませんでした。
実家で生活をしていたので、ガソリンスタンド等のアルバイト代は自分のおこづかいにしていました。
フリーターはアルバイトの為、時間の都合もつけやすいし実家暮らしならお金もかからないので自分の自由な生活を楽しむ事はできました。
そんな生活にも満足していたのですが、ある事がきっかけで考えが変わりました。
それは交通事故にあった事です。
事故で体を痛めたらその分アルバイトはできません。
そしてどう考えても相手が悪い事故でしたが、動いている車両同士の場合は過失割合は10対0にはならないとの事でこちらの保険からも支払いがありました。
幸い軽傷で済み、アルバイトも何日かの休みで済みました。
ただ保険会社からの補償をもらっていましたが、アルバイトで有給休暇もなく長く休んだ場合にはクビになる事もあるのではないかと思いました。
その事故がきっかけで、きちんとした保証のある正社員として働こうと考えました。
決めてからは、元々目指していた医療関係に近い介護の仕事をしようと考えました。
講習を受けてヘルパーの資格を取得して無事就職できました。
その後は経験を積んで、介護福祉士や介護支援専門員の資格も取得しました。
早い時期にフリーター生活をやめて良かったと思っています。

フリーター生活に終止符を打つことができた父親への思い

20代
男性

 

大学時代に就職活動をしたもののすべて不採用に終わった私は、そのままズルズルとフリーター生活を送っていました。このままではいけない、就職しなければとは思っていたものの、また失敗に終わるのが怖くて入社試験を受けずにいたのです。
その生活が約2年間続いたときのことです。父親が病のために亡くなりました。急なことで驚いたのと同時に、とても申し訳なく思いました。というのも、生前の父親は就職もせずにフリーターを続けている私を心配していたのです。どんな仕事でもいいから安定した生活を送りなさいと事あるごとに言っていました。それだけ私の将来が不安だったのでしょう。
天国に旅立った父親を安心させるためにも、と思い、私は就活に専念することを決意したのです。就職サイトから応募しては入社試験を受ける日々が続きました。不採用に終わったこともありましたが、それでもめげずることなく挑戦し、ようやく不動産関係の会社に就職することができたのです。
フリーターから就職できた理由はただひとつです。諦めずに何社も入社試験を受けたことにあります。その原動力になったのは、もちろんずっと心配してくれた父親の存在です。生きている間には何も恩返しができませんでしたが、ちゃんと就職できたことで、きっと天国で喜んでくれているのではないでしょうか。
フリーターとは違って、安定した収入を得ることができた今、とても充実した日々を送っています。また父親に心配させないためにも、会社員生活を続けていきたいと思います。

私のフリーター、会社員人生を振り返って

20代
女性

 

私は大学時代の就職活動で見事受験させていただいた会社全社の試験に失敗し、大学卒業後は派遣社員になりました。
その派遣先で5年間頑張れました。作業内容はクレジットカードの申込用紙のチェックとデーター入力でした。
ただ、3ヶ月に1回は契約更新の有無を伝えられる緊張の瞬間がありました。
入社から5年経った27歳の春、その日は突然やってきました。派遣切りに遭い、慣れ親しんだ職場を嫌でも離れないといけなくなりました。
結婚の予定もなく、彼氏も居ず、今後結婚のチャンスがあるかどうかも分からず自分が頑張るしかありませんでした。入社時に比べて歳を重ねてしまいましたがとにかく正社員として働こうと思いました。就職活動や職業訓練で簿記を勉強し、のちに簿記検定2級と3級を取得しました。
職業訓練卒業後、記帳代行の会社で弥生会計を入力するアルバイトをしました。慣れないまま半年ほど頑張りましたが契約が終了しました。
このアルバイトをしていた時、なかなか仕事が安定していなかったので、見兼ねた親戚がとある繊維の検査団体の面接の話を持ってきてくれました。お陰様で合格し、初めての正社員としての仕事でした。
主に事務や検査を担当しました。契約更新や、いつクビになるかビクビクしなくても良く、産まれて初めてボーナスをいただけました。感動した事は今でも覚えています。
非正規の仕事の時は、「契約更新が無かったらこれからどうする?」という話題もよく出て、やはり心が不安定だったと思います。その中でも皆健気に出来る仕事をしておられました。
ところが正社員での就職先では、楽しく遊ぶ話や芸能人の話なども飛び交い、すごく明るく元気な方ばかりでした。先行きに対する不安が無さそうな感じでした。
正社員として就職されている方は自分に自信があり、道を切り拓いていかれる感じがしました。
止むを得ずフリーターになってしまった場合でもまずはその仕事を一生懸命やる事です。それが出来れば契約が終わっても自然に道が出来て行く気がします。
最後に大事な事ですが、ご自身を卑下しないで下さい。「よく頑張っているね。」と褒め、ご自身を認めて下さい。好きな事もしつつご自身の心が少しでも心地よくなれるようにして下さい。私もそうしていたら突然チャンスがやってきました。自信もつき、表情も良くなり自然と正社員への道が拓ける気がします。

フリーターから正社員になりました。

20代
女性

 

大学生のときに就職活動が上手くいかず、新卒でフリーターになってしまいました。
派遣に登録し特に仕事や給与面に不満はなかったのですが、派遣先の部署が無くなってしまいそれと同時に契約終了となり新しい派遣先に行くことになりました。
その時に派遣アルバイトはとても不安定で将来に強い不安を感じて就職活動を始めました。
ハローワークや就職活動サイトに登録し、履歴書の書き方や職務経歴書の書き方の勉強・面接の練習を行いました。何社もあきらめずに受けて3カ月ほどかかりましたが、正社員として就職できました。
学生時代はエントリーシートや面接がとても苦手で、沢山の会社に応募していなかったのですが、色々な会社の面接を受けるうちに段々と慣れてきてスムーズに受け答えが出来るようになったと思います。就職活動の経験値を積むことにより、正社員として入社できたと思っています。
就職先は移動体通信業務という今までアルバイトでもしたことがなかった初めての仕事ですが、日々覚えなければいけないことが沢山あったり、フリーターの時よりも責任を重く感じることもあり辛いこともありますが、充実した日々を送っています。
給与面もフリーター時代よりも良くなり、一番嬉しいのはボーナスが出ることです。金銭的余裕も生まれて仕事をもっと頑張ろうと思えます。社会福祉も今までよりとしっかりとしたものになったので、安心して生活できます。

フリーターから正社員への道のりは大変。

20代
男性

 

私が22歳の時に、当時勤めていた会社を退職しました。退職理由は日勤・夜勤が交互にある変則勤務からなる体調不良です。その後、体調が治る迄の約1年は主に短期のアルバイトをしながら、自分を見直す日々を過ごしていました。何故、自分は変則勤務がある仕事を選んだのか、給料に満足したのか、自分は今後何をしたいのか、…。時間は掛かりましたが、自分を見つめ直す良い期間であったと思います。結果、自分が最低限必要なスキルとしてパソコンを選びました。昼間はアルバイトをし、夜はパソコン教室に通いスキルアップに努めました。今でも、当時支払ったパソコン教室に掛かった費用は高い金額であったと思います。しかし、その時に養ったスキルがキッカケとなり、パソコン教室のインストラクターのアルバイト、契約社員として勤める事が出来ました。当時は、時間が掛かっても自分が納得する仕事・給料を得たい気持ちが強かったです。パソコンのインストラクターから正社員に転職する為に、日々、ハローワークに通って情報を得ていました。その時に、事務職で正社員の募集をしていた企業の情報を得て、応募をし採用に至りました。22歳に退職後、再就職する迄に3年以上掛かり、自分を見つめ直す時間やスキルアップに掛かる努力は大変なものがありました。