フリーター 正社員 就職

フリーターから正社員になるためには

フリーターから正社員になるためには|就職を成功させるためには

フリーターから正社員になることはできるかは準備と方法がポイント

 

 

私も卒業してから就職はしていなかった人間でそのあとはじめて就職したのが20代後半でした。
就職するまではとても不安で悩むことは多かったです。
初めての就職が20代後半ということで最後のチャンスの気持ちで就職活動を行い就職することができました。
私のような状況の方もいるでしょうし、20代後半ではじめての就職ではとても大変だとは思います。
私の場合はなんとなく定職についていなかったのではなくそれなりに目標がありそういった状態でした。
その私の経験が評価されたのだと思います。
そういった一度も就職したことがないやフリーターから正社員になりたいという方のために私の体験や考えなどを紹介したいと思います。
また、本当に利用をおすすめするフリーターから正社員になりたいという方向けの就職支援サービスも紹介しておきます。
これは利用したほうが良いと思います。


↓どうしたらよいのかわからないという方はこれが良いと思います。

 

もう結論からいうと就職活動がわからないと思いますからフリーターにおすすめの就職サポートサービスを利用したほうが良いと思います。
そこで履歴書や面接対策もサポートしてくれますし求人紹介や条件交渉も行ってくれます。
自力で探すよりよっぽど良いと思います。

目次

フリーターから正社員になるための準備と方法
状況把握
正社員になる方法を考える
求人を探す方法
おすすめは就職サポート
フリーターにおすすめ就職サポートサービス
ジェイック
ハタラクティブ
UTWO
フリーターから正社員になるためには
正社員とフリーターの違い
フリーターの悩み
ブラック企業とは
ブラック企業の見極め方
フリーターの未来を考える

フリーターから正社員になるための準備と方法

状況把握

まずは自分の今の状況とこれからに関して考えないといけません。
自分の年齢、自分のスキル、これまでの経験、これからどうなりたいのか、どうしていきたいのかなどです。
そういったことをまとめるないと履歴書などもしっかり書く事ができませんし、面接でしっかりとした受け答えと自分の意見を言うことができないと思います。
いままで就職をしたことがないということは社会経験がない人がほとんどで面接する方が採用するのかどうかはその人の人間性であったり、どういった考えを持っているのか、やる気などが重要なポイントになってくると思います。
そのために状況把握に自己分析などが大事になってくるのではないでしょうか。
しっかり答えることができればこの人はしっかりしているということになると思います。

 

現在の自分のことを分かっていないと何も答えられません。
これまでなんとなくフリーターを続けていた方でもこれまでのこと将来のことを真剣に考え、誰に聞かれてもしっかり話せるようにしておくことが大事ではないでしょうか。

 

他では年齢のことをしっかり頭に入れておかなくてはいけません。
この年齢でも大きく内定率が変わってくるとおもいます。
30代ということになるとこれまで就職せずに何してたんだということになります。
職業によっては難しいものもありますが、特に営業や飲食などは十分可能ではないでしょうか。
年齢が上がれば上がるほど就職は厳しくなってくるということを頭に入れておいて活動しないとこの会社は嫌だ、この会社も嫌だと言っていてもなかなか就職はできないかもしれません。

 

あとはこれからどうしていきたいのかというプランもしっかりたてておくことが大事です。
将来に対してなんとなくでは企業側も雇いにくいです。
経験がないわけですからその仕事に対してどれだけの意欲、やる気、こうなりたいなどがしっかりあることがとても大事なポイントではないでしょうか。

 

フリーターから正社員に就職ということになる就職活動をしたことがないという方も多いでしょうからそういった方は何もわからない状態で自分で考えて自分で行動しないといけません。
転職なら転職支援サービスがあったりしますし(最近は就職支援サービスもあります)、一度は就職しているわけですから就職活動の経験もあるわけです。
そういったことを考えるとフリーターから正社員というのは一番大変な行動だと思います。
就職サポートサービスを利用しないというのであれば自分でやるべきことをしっかり整理して行くことが大事です。

正社員になる方法を考える

次は正社員になるためにはどうすれば良いのかというところです。
これは年齢やキャリア(アルバイトなどの経験等)などによっても変わってくるのではないでしょうか。

 

20代前半ならまだまだ就職できるでしょうし、いろいろ探してみると良いと思います。
20代後半でこれまで正社員として働いたことがないということになるとなかなか難しくはなってくると思います。
ただ、私もここに入ります。
20代後半で初めて就職しました。
20代後半で就職ということで考えれば、社会経験がなくてもこれまでそれなりにいろいろな経験はしてきていると思います。
そういった経験をアピールしていくことになると思います。
私もそういった点をアピールしていきました。
というよりそういったポイントしかアピールする部分がなかったとも言えます。
ですがこれまでと将来に関してプランがあったのでそこはしっかり話すこともできました。

 

30代でいままで就職したことがないということになるとこれはとても大変だと思います。
なかなか求人も限られてくると思います。

 

ここでどの年代でもそうですが、アルバイトや契約社員から入って正社員になるという方法も一つの方法ではないでしょうか。
私の知り合いでも結構そういった形で正社員になっている人がいます。
ただ、この方法は会社によっては全然正社員になれないということもあるので会社選びも重要になってくると思います。

 

そして、一番大事なが求人を探す方法だと思います。

求人を探す方法

求人を探す方法といってもそんなにないのではと思うかもしれません。
まあ実際はいくつかの方法しかないのですが、この探し方で当然仕事も決まってきますし、将来も決まってきます。
ですから探し方もそうですし、求人はしっかり選ぶことが大事です。

 

求人を探すと考えたときに一番に思い浮かぶのがハローワークではないでしょうか。
特にフリーターで社会経験がないということであれば、求人数も多いですし、未経験が可能な求人も多いのでチェックしておきたいですね。
私もはじめはハローワークの求人をチェックしました。

 

他の方法もあります。
求人情報サイトを利用する方が多いですね。
ただ、いろいろな求人情報サイトを見てわかるとは思いますが、大手企業や社会経験がある程度必要な求人が多いです。
そして、応募が殺到します。
募集一人や二人に対して100人以上という求人も多いです。
これでは応募しても書類選考で落とされてしまいます。
ただ、求人情報サイトでも中小の企業や社会経験がなくても良いという求人を載せている求人情報サイトもあるのでそういったところを利用するのも良いのではないでしょうか。
実際、私もハローワークはチェックするだけで求人情報サイトを利用して就職しましたからね。

 

あとは転職支援サービスです。
私はこれを利用するのが良いと思っています。
実際利用したことがありますがこれは転職に有利だし使う手はないと思います。
でもこれって転職向けですよねってなりますね。
確かにそうです。
まず転職支援サービスといえば、コンサルタントがあなたの転職をサポートしてくれるというサービスですが、ある程度社会経験があって転職を考えている方向けでフリーターには関係ないというかハードルが高いと思うかもしれません。
ほとんどの転職支援サービスは社会経験が1年以上などないとなかなか求人が見つからないということがあります。
ただ、最近はフリーターが正社員になるための就職支援サービスがいくつか出てきています
サービスも転職支援サービスとほとんど同じような感じでこれは使わない手はないと思います。
フリーターの方は職歴書や面接などの就職活動をしたことがない方も多いでしょうからとても役に立つと思います。
就職活動もスムーズに進められるとおもいますし、正社員として働ける可能性も上がるのではないかと私は思っています。
ただ、やはり、30代となるとなかなか厳しいようでもちろん利用できますが、20代の方には有利です。

おすすめは就職サポート

私も初めて就職したのが遅かったのでいろいろ調べながら就職活動をしましたが不安であったり、わからないことも多かったです。
そういった時に相談、サポートできるサービスがあるんです。

私が就職活動しているときは転職支援サービスはいろいろありましたが、フリーターから就職するときの就職サポートサービスがあった記憶がありません。
あったのかもしれませんが私は知りませんでした。
転職支援サービス就職版というような感じです。
私が知っていたら絶対利用していましたね。
就職活動もスムーズに進む可能性も高いですし、気持ち的にも余裕ができます。

フリーターにおすすめ就職サポートサービス

フリーター・既卒者向け就職・転職支援サービス「ハタラクティブ」

こういった転職支援サービスはある程度社会経験があって転職する際に利用するという方が多かったと思います。
というよりそういった方向けの転職支援サービスばかりでした。
ハタラクティブはフリーターや既卒者など正社員経験がない方向けの就職・転職支援サービスということで正社員として働きたいという方はとてもありがたいのではないでしょうか。
ハタラクティブも他の転職支援サービスと同じようにコンサルタントが就職・転職のサポートをしてくれるということです。
表には表示されない非公開求人もありますので利用しないてはないです。
サービスエリアが東京、神奈川、埼玉、千葉ということでこの地域で就職を考えている方には良いのではないでしょうか。

 

公式サイトはこちら⇒既卒・フリーター

JAIC(ジェイック)

JAIC(ジェイック)はTVなど様々なメディアで紹介されている知名度のある企業です。
正社員就職支援実績も10,000人を超えている実績もあります。
社会人経験なしでもOKで公式サイトでは就職成功率80%以上という数字が出ているようです。

 

特徴は営業カレッジというものがあり、ビジネスマナーや会社の選び方、営業の基礎を学ぶことができます。
営業体験などもできるのでとても良い経験になると思います。
こういった講座が就職成功率80%以上という数字を出している理由なのかなと思います。

 

まずは無料の説明会に参加してみて自分に合うサービスかどうかを確認してから判断できるのも良いと思います。

 

利用可能なのは20代で日本国籍の方です。
30代の方は利用できません。

 

公式サイトはこちら⇒ビジネスマナーや面接対策などプロの講師から無料の就職支援講座あり!就職ならジェイック!

UTWO

UTWOも既卒・フリーター向けの就職サポートサービスです。
専任のキャリアカウンセラーが就職活動の相談を受け、適性や希望に基づいた詳細な求人情報の提供。面接対策・指導をサポートしてくれます。

 

どんな仕事があってどうしようか自分でもわからない、ブラック企業を避けたい、内定をもらえるのか不安、就職に悩みがあるという方は専任のキャリアカウンセラーにサポートしてもらうことでスムーズに進む可能性も上がるのではないでしょうか。

 

少人数制(5名?10名)のセミナーを毎週開催されており、様々な仕事を知ることもできます。

 

公式サイトはこちら⇒【UTWO】

フリーターから正社員になるためには

なんとなくもうそろそろ就職しないといけないという理由だけで就職活動をはじめていろいろ応募してもなかなか内定をもらえないのではないでしょうか。
しっかり準備して求人を探して内定をもらうまで考えないといけないと思います。
フリーターから正社員になる方はなおさらだと思います。
まずは自分のアピールポイントなど自己分析をしてまとめます。
どういった仕事がしたいのか自分ならできるのかなども考えるべきではないでしょうか。
そうすると履歴書も書きやすくなるでしょうし、面接でも面接官の質問にしっかりとした受け答えができるのではないでしょうか。
仕事を探す方法も大事です。
ハローワークから転職支援サービスまで様々な方法があります
転職支援サービスはフリーターは無理ではと思うかもしれませんが可能なサイトもあるんです。
こういった情報収集をするかしないかだけでも正社員になれるか、さらに言えば良い会社に就職できるのかの差が出てくると思います。
上で紹介している【UTWO】ハタラクティブなどフリーター向けの転職支援サービスを利用すればかなりいろいろサポートしてくれるのでかなり助かるとは思いますし転職がスムーズに行くと思います。

私の就職体験談

初めての就職活動ということでいろいろ不安はいろいろありましたが、自分で行うしかないのでいろいろ調べながらやりましたね。
ハローワークも利用しましたが、求人は参考になりますが、相談はなんか親身になってくれて役に立ったという感じはなかったですね。
たまたまそういった方にあたったからかもしれませんが、結局求人情報サイトの求人から応募して就職することができました。
それまでにいくつか応募下と思いますが、あまり覚えていません。
おそらく私は他の人に比べて比較的早めに就職できたと思います
なぜ早く就職できたのかということを考えたときにアピールポイントをいっぱい出してアピールしたことですね。
それにその業種のその会社で仕事がしたいということをしっかりアピールできたと思います。
そういったところが一番のポイントかなと思います。

正社員とフリーターの違い

正社員とフリーターの違いにはどういったものがあるのでしょうか。

給料

まずは給料の違いを挙げたいと思います。
正社員とフリーターの生涯年収の違いは正社員が2億から3億、フリーターでは1億以下と言われています。
若いうちは正社員よりフリーターのほうが時給換算にすると良かったりもしますが、年を重ねるごとに逆転、差が出てきます。
時給換算というところではなくてその他の福利厚生の部分も考えてみる必要性があります。

福利厚生

上で挙げたように時給だけで換算するとフリーターのほうが良いようですが、それ以外の福利厚生に違いがあります。
健康保険、厚生年金、住宅補助や家族補助など様々なものがついてきます。
将来的に結婚などをする老後のことを考えていくと正社員のほうが手厚いということがいえます。

信用

正社員だと社会的信用が違います。
たとえば家を買うためにローンを組まないといけないときにフリーターだとそれほど貸してはくれませんが正社員で大手の有名企業だと多くのお金を貸してくれます。
ローンが通り安いですね。

時間

ここがフリーターの良いところかもしれません。
正社員はこの日休みたいといってもなかなか休むことはできませんが、フリーターなら休むことが容易です。
将来なにか目標があって時間の融通が利くフリーターをしているのであれば良いと思います。

 

メリット・デメリット

正社員のメリット
給料が良い 福利厚生がしっかりしている 社会的信用
フリーターのメリット
時間の融通が利く

 

会社としては正社員ではなくてフリーターを多く雇いたいと考えている会社も多いと思います。
正社員だと給料以外に福利厚生など会社が多く負担しないといけませんが、フリーターだとそれほど負担がありません。
安く済むということです。

フリーターの悩み

ブラック企業とは

ブラック企業といっても人によって捉え方が違うと思いますが、一般的に給料が安い、長時間労働、サービス残業、パワハラ、仕事が過酷などが挙げられます。
たとえばサービス残業するなんて良くするという人も多いと思います。
それがどれくらいの時間なのかというところでも違ってくると思います。

 

ただ、それでも職場環境がよかったら過酷とは考えない場合もありますし、過酷だけど給料がすごくいいから問題ないと考える方もいますし、これらの感じ方は人それぞれですし、その人の価値観や総合的にどうかということになってくると思います。

ブラック企業の見極め方

その企業がブラック企業かどうか判断する方法としては離職率が一番わかりやすいのではないでしょうか。
満足していれば会社を辞めることも少ないと思います。

 

出産や結婚など個人的な理由を除いて離職率が高いということは会社への不満が大きいということが考えられます。

 

たとえばフリーターだとハローワークなどで求人を探すことが多いと思います。
何度もハローワークで求人を探しているといつも求人を募集している会社を見ることもあると思います。
そういった求人はすぐにやめてすぐに募集するということが繰り返されている可能性が考えられます。

 

ただ、情報源がない場合実際働いて見ないとブラックかどうかなんてなかなかわからなかったりします。
大手企業なら情報は出てきたりしますが、フリーターが就職する企業ということになるとそういった情報はなかなか出てこなかったりします。

 

ですのでハタラクティブ【UTWO】などのフリーター向けの転職支援サービスが良いということなんです。
その企業の情報ももっていますからね。
もちろんブラック企業が全然ないといえばそんなことはないと思います。
ただ、情報をもっているというのはこの時代とても強いと思います。

フリーターの未来を考える

フリーターの方で正社員になりたいと考えているということはやはりフリーターでは不安という方が多いのではないでしょうか。

 

正社員とフリーターの違いを見ていただければ違いなどがわかるとは思いますが、やはり未来は厳しいところがあります。
給料面や保証、信用など若い頃は良いですが年齢を重ねるごとに厳しくなってきます。
未来ということで考えるとやはり結婚、生活、老後というところが浮かんできます。

 

結婚するとなるとお金がいろいろかかります。
そして、子供が生まれると子供の生活費などもかかってきます。
さらに家やマンションを買うということになるとローンを組むことになると思いますが、フリーターではなかなかローンを組めません。

 

結婚もしないし子供もいらないという方もいると思います。
そういった方でも老後のことを考えるとなかなか厳しいです。
正社員だと厚生年金に加入していますから老後ある程度の生活費が確保できます。
フリーターだと自分で国民年金に加入して支払ったとしても老後それほど支給されないのでそれだけでは生活は難しいと思います。
さらに正社員だと退職金がもらえるところがほとんどですしこういったお金のことを考えても老後の生活のゆとりに大きな差が出てくると思います。
将来年金はもらえないと言われていますが、厚生年金は会社が半分負担してくれますしそれを考えるとまだまだ得なのかなと思います。

 

将来自分の目標や計画があってフリーターを行っているのであれば問題ないのですが、単純にフリーターをしているというのであれば未来は暗いですね。

フリーターから正社員になれる人となれない人の差は?

フリーターの方ですぐに正社員になれたという方がいる一方、全然正社員になれないという方もいます。
ではこの差はなんなのでしょうか。

 

年齢や経験、タイミング、話してみての感覚など様々な理由が考えられます。
こういったところが浮かんでくると思いますがもっと違う角度から考えてみてください。
会社としては会社にプラスになる利益になる人を探しています。

 

自分が面接官ならこの会社はどういった人を選ぶのかということを考えてみてください。
もし中小企業なら長く働いてくれて他のの従業員ともうまくやっていってくれる協調性のある人というところを重視する会社もあるかもしれません。

 

営業ならタフで会話力のある人を必要としているという会社もあると思います。
そう考えたときに自分が準備すること、自分がそこで内定をもらうために必要なことがみえてくるのではないでしょうか。

 

たとえば営業の求人募集だとして3年間プログラマーの仕事をしていた人よりもアルバイトでも接客や人との対面の仕事をしていて会話が得意な人のほうが良いということも十分あります。

 

あとはあなたのことを見ていると思います。
ずっとフリーターでもしっかりしている人はしっかりしていますしポテンシャルのある人も多くいます。
正社員だからといってしっかりしていない人もいます。

 

ですからフリーターでも目標があって、理由があってフリーターをしていて、その結果○○の会社で正社員として働きたいとなると採用担当もこの人を雇いたいとなる可能性もあります。

 

やはり、給料がいいから楽そうだからなどなんとなくその会社を選んだということでなくてその会社で働きたい理由と働くことでその会社にどれだけのメリットがあるのかというところをしっかり伝えられるようにすることが大事ではないでしょうか。

 

そのためにははやり準備をしっかりするということです。
フリーターの方は就職活動をしたことがないという方も多いでしょうし、どうして良いのかわからないという方も多いと思います。
ですから間違った準備であったり準備不足ということもあるのではないでしょうか。

就職サポートサービス